緊急時にも冷静に!大規模災害のための対策がものを言う

わたし達の場合、常に天災などに見舞われる危険性がありる事はお分かりでしょう。何とかなるだろうからと目をそらす事はやめ、色々な可能性に意識を向けながら着実に対策しておけば、喫緊のシチュエーションであっても生存率や被災した後の自分たちの生活の質がより良くなります。圧迫死以外にも、調度品が転倒して脱出口を失って、結果的に出られなくなるという問題もありえます。家財道具が倒れない様なパーツが販売されてますので、それらを購入して壁に作り付けてください。住居と仕事場等の家具に関して再確認して、転倒防止の為の道具を設置する事とか業者が手掛ける耐震改修等を事前減災と言います。空き時間がある時にチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です