緊急時でも出来るだけおちついた行動を!天災の為の対策をしよう

ここ数年であった自然災害の記憶も、徐々に褪せてしまいます。ところが天災自体は油断した時期になると生じるもの。ですから平生のうちから自宅や仕事場に大規模災害への対策があるように怠らない事はとても大事ですし、こういう作業はやはり家長が先んじてやっておくと有効です。防災準備の最低限は風呂敷状の布及び水、電池とされます。これまでに多くの罹災者たちが、風呂敷を持っていたお陰でそうとう役立ったと言っているのです。他にも飲料水のボトルも常備してください。空になった後も、ペットボトルはかなり便利な災害対策ツールになり得ますので、災害の場合には放棄せずにおいて大いに活用する様にしましょう。小ぶりなサイズのラジオは情報を集める大切な防災用品なので置いておくと良いでしょう。ほかにも現在の社会においてはスマホやガラケーは必携品となっていますが、バッテリーが切れるとナンセンスでしかないので、スマフォだけではなくにも電池が割と良くもつガラケーの両方を持つのも考慮してみてはどうででしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です