切迫しているシーンでも冷静な行動を!大規模災害のための備えがものを言う

過去に大震災が起きた際に死亡した人の要因でひときわ多いものが、火災と調度品の下敷きになる圧死と言われています。無造作に置いたインテリアの散乱で死傷する二次被害を少しでも減らすには、いったいどういう風に準備しておけば効果的なのかを調べましょう。食べ物を蓄える事も必須ですが、コンロですとか飲料水も用意出来ない場合に食べられない物ですと意味がありません。可能な限り気軽に食事できる災害時用保存食を選んで、徐々に貯めていきましょう。買ってからほったらかしにしない様に、定期的に時々食べて新しい食糧をつけ足すという方式にした方が良いでしょう。勤務先や住居等にある家具類に関して今一度総点検し、倒れこみ予防用グッズを設置したり施工会社へ工事を注文する事、もしくは家全体を対象とする耐震改修などを指して事前防災の様に呼びます。時間を作ってリサーチしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です