万一の事態でも極力冷静な行動を!天災のための備えがものを言う

我々の場合、絶えず自然災害など起きるに晒されて日々過ごしています。確率は低いと現実逃避するのをやめて、国内の現況に目を向けて適切に備えを怠らずにいれば、有事の際でも生存率や災害の後の自分たちの衣食住の状態を良くできるのです。用意に当たっての最低限は布及びミネラルウォーター、乾電池とされます。これまでにたくさんの被災した方たちが、風呂敷の様な布を持っていたお陰で大変有用なツールだったと言う風に証言しているのです。ペットボトルのミネラルウォーターも用意して下さい。中身を飲み終わってもペットボトルはものすごく便利な防災道具なので、被災時は棄てずにおいて大いに活用しましょう。防災用品のうち、携帯できてかつどこでも調理できるコンロなどが販売され、簡単に手に入ります。楽しみつつそれらのツールの扱いに慣れ親しんでいれば、いざというシーンでもあなたの家人あるいは周囲の人達をも救う事が可能ですから、ぜひ研究すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です