非常時でも慌てずに!天災のための準備がものを言う

過去に大震災が発生した場合に亡くなられてしまった被災者の死亡原因の中で比較的多いのが、家事と家財道具の下敷きになる圧迫死です。いいかげんに置いてあっただけの家具類の散乱で負傷をしたり死亡したりする被害を減らすためには、何を準備したら上手くいくのでしょうか。罹災した後の天候は、誰にも分からない点です。雨天のために身体がびしょ濡れになって、体調が悪化してしまっては面倒です。周囲の気温の変化の為に基礎体力が奪われてしまうケースも想定されます。雨合羽の事前準備や冷気から身を守れるシートをチョイスし、買っておきましょう。小ぶりなサイズのラジオは情報収集の大切なツールの一つですのでぜひ買っておいて下さい。緊急時ではガラケーやスマホも不可欠となっていますが、充電切れの状態になってしまうとガラクタですので、スマートフォンにプラスして電池が比較的よく保つ従来型の携帯の両方を所有してみては如何でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です