緊急時でも極力冷静な行動を!天災に対する用意について

数年前に襲った大きな震災に関する追憶についても、否が応でも時間経過に伴って褪せていってしまいます。しかしながら大規模災害と言うのは忘れた頃になると襲って来るものです。ですから平素のうちから身辺に防災の対策があるようにしておく事はかなり大事で、こういった作業は男性の方がイニシアチブをとるのが有効だと思います。災害が起きた後の気候については、誰であっても分かりません。雨天で全身がずぶ濡れになって、病気に掛かってしまっては心配です。気温の低下のために基礎体力が失われる事もあり得ます。雨合羽の備えや体温を維持できる素材のシート等を見付け、備蓄しておくのがおすすめです。小型ラジオは情報を集める非常に大切な災害対策グッズですから置いておいてください。現代生活ではスマホやガラケーも必須アイテムですが、バッテリーが切れれば無用の長物でしかないので、スマフォだけではなくにも電池が比較的よくもつガラケーのダブル所持なども検討するのは如何でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です