いざと言うシーンでも落ち着いて!天災に備えよう

日本国というのは地震等の天災が発生しやすい国土です。いつやってくるのかは誰も予見ができないからこそ、自分の生活圏にきちっと取り揃えた防災対策を怠らなければ、非常時であっても気懸りな点を幾らかは抑え、家族など大切な方を救う事が可能です。食料品を備蓄する事を実行する事は肝要ですが、水と火気を用意しないと食べる事が出来ませんと言う代物ですとあまり使えません。極力簡単に口に出来る防災用食糧に絞り、徐々に貯めるようにしましょう。買ってからずっと放っておくのではなく、定期的に時々食べて新しい食糧をつけ足す方法がお勧めです。小型ラジオは情報収集の大事な防災ツールの一つですので備えておいてください。現在の社会においてはスマホやガラケーも必需品となっていますが、バッテリーがなくなってしまうと使えませんから、スマートフォンの他にも充電が保ち易いフューチャーフォンのダブル契約等も視野に入れるのも悪くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です