万一の場面でも冷静に!大規模災害に備えよう

過去に地震が生じた時に亡くなってしまった被害者の要因の中で目立つのが、火や家具による圧迫死です。無対策で置いた調度品が倒れてしまい怪我したり死亡したりする被害を少しでも減らすには、はたしてどの様にすればいいか確認しましょう。非常食の蓄えも肝心ではありますが、火気と飲料水を用意しないと食べる事が出来ませんと言う代物ですと使いづらいです。なるべく手軽に摂れる防災用非常食を厳選して、僅かづつ溜めていくとよいでしょう。購入したそのままで賞味期限まで放置することは避けて、ローテーションで時たま食べる様にして足していくと言う方式がおススメです。小型ラジオは情報を集める必須の防災グッズですので用意しておきましょう。また現代での社会生活においてはガラケーやスマホが必携品ではありますが、電池が尽きれば役立たずとなってしまいますから、モバイルガジェットにプラスしてバッテリーが長持ちするフューチャーフォンの両方を所有するのは如何でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です